消しゴムの豆知識や雑学を紹介

このページでは、消しゴムの豆知識やちょっとした雑学を紹介していきます。面白い雑学や豆知識が意外とあるので是非見てみて下さい!では、早速紹介していきます!

消しゴムが爆発する(笑)

消しゴムを液体窒素で急激に冷やしてしまうと、消しゴムの外側が固まって縮まろうとします。しかし、消しゴムの内部は常温なのでその側の縮まろうとする力に反発して爆発します(笑)

家の掃除で大活躍!

休日なんかに家の掃除をしている時や学校の掃除をしている時に、壁や机に黒ずみがあることがありませんか?何かが擦れたせいか、濡れた雑巾で拭いても中々取れませんよね。そこで活躍するのが消しゴム!学校の大掃除で、壁に付いた黒ずみを消しゴムを消してみたら意外と簡単に消えたので、その発見で社会人となった今でも掃除の時は消しゴムを使ってます。消しゴムで消せないものはないのでは?過去の苦い失恋の思い出も、消しゴムで消してしまいましょう(笑)

便座より汚い?アレを消しゴムでピカピカに!

実は、普段から多くの人が利用している「アレ」がトイレの便座よりも汚いと言われています。その「アレ」というのは誰もが必ず使うもので、現代には無くてはならないものです。そう「スマホ」です。汚れた手で触りまくる事によって便座よりも汚いと言われています…。そう聞かされると、何だか使いたくなくなりますが、大丈夫!消しゴムを使ってスマホやガラケーの画面やボタンを綺麗に磨きましょう!これは是非、定期的にお掃除して頂きたいですね。

鉛筆に付いている消しゴムが消えにくい理由

これは学生時代によく経験する事ですが、学校のテスト中に消しゴムを忘れて絶望感に襲われた事はありませんか?もう終わった…と思ったその時、鉛筆に付いていた消しゴムに気付き、消しゴムの偉大さに気付く事でしょう。

しかし!いざ鉛筆に付いている消しゴムを使うと、なかなか消えなかったり、消えるどころかテスト用紙が黒く汚れたりしませんでしたか?実は鉛筆に付いている消しゴムが消えにくい理由があるんです!現在、普通の消しゴムは「プラスチック製」で出来ていて非常に使いやすく消しやすくなっています。しかし!鉛筆に付いている高級感漂う消しゴムは、従来の消しゴムと同じようにゴム製で作られているので、その性能を活かしてはくれません(笑)高級感があるからと言って、取っておいた鉛筆に付いている消しゴムは、消すことができないので期待しないでください…。

以上、消しゴムのちょっとした豆知識でした。